アーカイブ

カテゴリー

安心の包茎治療システム

包茎手術について、自分の包茎をどうにかしようと踏み切るのはとてもいいことなのですがやはり普通の病院なんかに入院したことがあった人であっても中々手順が分からないという人もいるかと思います。
基本的には、包茎治療の外科的な処置の場合はまずは完全予約制となっているんですね。
普通の病院の場合だと、検査入院をしたりしてそのまま外科的な処置にうつるという事で日取りなんかも病院側が決めてくれるのですが、ペニスの事に関する物だと入院なんてものはないわけですから、手術日に来院するというような形になります。
なので、ペニスの皮を切除する外科手術の場合は日取りをあらかじめ決めておくというような予約制をとっているんですね。
予約をする場合は、フリーダイヤルで電話をして直接予約をするか、通院相談などをしている人はそのまま医院で予約をする事が出来ます。
そして、まず必ず外科手術をする前に医院側が専門家の説明なども兼ねてカウンセリングを受けるという形をとるようになるのです。
自分はもう心の準備は出来ている、という人であっても整形外科手術の手順や説明なども兼ねていますので必ず受けるという形になるのでいきなり即手術ということにはなりません。
だから、説明を受けた上でも不安や疑問が解消されなかったりした場合なんかは、いったん取りやめをするというようなこともできるんですね。
命に関わるような物ではないとは言え、ペニスに対してメスを入れるというのはやはり恐ろしい事ですから、説明を受けても中々決意する事が出来ないという人も珍しくないのですから、まだ説明を受ける段階であれば取りやめをする事が出来るという事を覚えておく事で精神的に楽になるのではないでしょうか。
説明の内容は、手術法は勿論のことアフターケアのやり方やお支払方法、料金の説明なども患者が納得するまでしっかりと説明をしてくれますので、気軽に質問や要望を出す事が出来るというのはありがたい事ですね。
勿論、例えば整形外科手術による包茎手術の決意が出来なかった場合はいったん帰宅してから別日に検討することもできますし、やっぱりやめておくという事も出来るのです。
当然、その時は料金など発生する事はありませんしキャンセル料が発生するようなこともありませんので、取りやめも安心してする事が出来るのです。
あくまで、自分が完全に納得した上で安心して受けられるという気持ちになるまで待ってくれるのです。

更新情報

2015-08-26
手術の年齢制限についての情報を更新しました。
2015-08-26
手術後の包帯についての情報を更新しました。
2015-08-26
早漏の関係の誤解の情報を更新しました。
2015-08-26
日本人には何故包茎が多いのかの情報を更新しました。
2015-08-26
包茎に対する誤解の情報を更新しました。
ページ上に戻る